会津地域産業観光ガイド

産業観光をご検討中のみなさまへ

産業遺産スポット

猪苗代第二発電所 

猪苗代第二発電所

  • 猪苗代第二発電所
  • 猪苗代第二発電所
  • 猪苗代第二発電所

基本情報

施設名
猪苗代第二発電所
住所
会津若松市河東町八田字大林82-1
電話
0242-22-4618
管理会社
東京電力ホールディングス株式会社リニューアブルパワー・カンパニー猪苗代事業所
WEB
スポット紹介
猪苗代第二発電所は、1918年(大正7年)に運転を開始した発電所です。
建物は東京駅を設計した辰野金吾が設計監修し、自然とマッチした赤煉瓦の外壁が特徴です。
建物や電気設備の一部は当時の姿を残しており、電気の仕組みや発電の歴史なども学ぶことができます。
平成28年度日本遺産に認定された『未来を拓いた「一本の水路」』の構成施設になっています。

見学情報

見学の内容
水力発電所の見学
見学可能な日時
4月~11月(土日祝日を除く)
時間:10:00~15:00
見学の条件
見学者10名~80名程度
駐車場有り(バス3台、乗用車5台)
費用
無料
所要時間
約60分
お申込方法
電話・FAXで事前予約
見学のお問い合わせ
東京電力ホールディングス株式会社リニューアブルパワー・カンパニー猪苗代事業所
TEL:0242-22-4618  FAX:0242-25-5601

アクセス